夏の名残の「YOKOHAMA XPA」

YOKOHAMA XPA

この季節はちょっぴりビターな『IPA』

今年も9月になり、気持ちの中では夏が終わりました…

しかし、残暑はまだまだつづきますので、ビールも飲みたくなりますね。

あの暑かった夜は、キリリと冷えたのどごし爽快な軽いビールもよかったのですが、夜の暑さがやわらいだこの季節は、ちょっぴりビターな大人のビールをじっくり味わってみてはいかがですか?

そんなときにおすすめなのが、巷で話題の『IPA』です。

IPA(インディア・ペールエール)はビールのひとつのスタイルで、その昔、イギリスからインドにビールを輸出する際、長期保存のためにたくさんのホップを使用して作られたのが始まりです。

防腐効果を高めるために使った多くのホップは、ビールに華やかな香りと爽やかな苦みを与えることになり、輸出用につくられたインディア・ペールエールはイギリス国内でも人気のビールになっていくのでした。

世界一のIPA「YOKOHAMA XPA」到着

さて今回、神奈川のサンクトガーレンからIPAスタイルの「YOKOHAMA XPA」が到着しました!

なんとこの商品、2013年にはIPAの本場イギリスで「ワールド・ビア・アワード」のIPA部門世界1位に輝いています。

通常の4倍のホップが使用されているビターな味わいが特徴の「YOKOHAMA XPA」。
しかも、この時期だけの限定で『初摘み生ホップ』が使用されています!

この機会にぜひ、サンクトガーレンの「YOKOHAMA XPA」をお楽しみください。

もう普通のビールに戻れない・・・かも?

その他のサンクトガーレンのビールなどもラインナップしていますので、いろいろなテイストをお試しください。

ビール

Leave a Reply