雄町の逸品「作 槐山一滴水」が入荷しました

zaku kaizanittekisui

伊勢志摩サミットの乾杯酒『作』

もともと人気のあった地酒の三重県・清水清三郎商店の『作』。

『作』と書いて【ざく】と読みます。

2016年の伊勢志摩サミットで初っぱなの乾杯のお酒に選ばれ、その人気に拍車がかかりました。

雄町使った逸品『槐山一滴水』

そんなこんなで今となってはなかなか手に入れにくいお酒となってしまった「作」ですが、
「作」の中でもREGULAR(レギュラー)シリーズとPREMIUM(プレミアム)シリーズがあります。

今回プレミアムシリーズのひとつ、純米大吟醸の『槐山一滴水』が入荷しました。

これまた名前が難しいですが【かいざんいってきすい】と読みます。

今回入荷した「槐山一滴水」には、岡山県産の「雄町」が全量使用されています。

『槐山一滴水』について

それでは、蔵元さんのコメントを・・・

ワンランク上の味わいを追求した 作プレミアム槐山。
「一適水」とは、山川草木すべての 存在は、世界や森羅万象を具現し、一滴の水にも仏の命が宿るという教え。
気高い理想のお酒を追い求めることは、帰結として毎日の行いの積み重ねで あるとの思いを込めました。

古来より尊貴の木と言われてきた槐(えんじゅ)のごとく、気高く上品な味わいと、心地よい余韻を持つ純米大吟醸です。

そんな気持ちのこもった逸品をこの機会にぜひ!

純米吟醸『作 雅乃智』も一緒に入荷しています

さて、今回は「槐山一滴水」と一緒にレギュラーシリーズの「作 雅乃智(みやびのとも)」も入荷していますので、こちらもお見逃しなく。

Leave a Reply